LOVE禅メソッド~第4回 「呼吸と共に<今ここあるがまま>を感じること」

 

それでは、ようやっと「具体的な感情解放」の方法についてやって行きたいと思います。

 

今までお伝えしたきたことが理解できているほどに、実践での技術の習得もうまくいくようになります。

 

もし「今ひとつわからない」などということがあったなら、何度でも戻って復習していただければと思います。

 

 

実は遠回りに見えて、そのほうが技術にしろ知識にしろ習得は早いからです。

 

 

私達は「ゲシュタルト(全体性)」と言って、より大きな全体像がつかめると、細かい具体的な部分についても理解が深まる【脳とココロの認知の仕組み】を持っています。

 

もし、ココまでなんとなく「うろ覚え」に進んできたとしても、だんだんと全体像が見えてくることで今までやったことも「なるほどね」と思えたりするということです。

 

そのように「部分」「全体」を照らし合わせていくことで、大きく理解は深まって行きます。

 

 

では早速「LOVE禅メソッド」を一緒にやって行きましょう!!

 

◆LOVE禅メソッド~中心とつながるワーク~

 

①まずできるなら「目を軽く閉じる」ようにされてください。

 

なぜなら「今ここ」の情報をシャットアウトすることで、より内面の感覚に意識が向かうようになるからです。

 

 

②そして意識を自分の内側に向けてみてください。

 

雑念が出てくるかも知れないですし、周りの音や色んなことが気になってしまうかも知れません。

 

ですが「意識して気持ちを内側に向けるようにする」ことで、フォーカスは内側に向いていくように なります。

 

 

なので「出来る出来ない」よりも、まずは「向けるようにする」ことを意識していただければ大丈夫です。

 

 

③背骨をまっすぐに立てて、天の中心と地球の中心を結ぶ光のパイプが体の中心を通って、宇宙と地球とつながっているのを感じてみるようにしてください。

 

そんな「イメージ」をする感じで構いません。

 

肩を落とし、全身の力を抜いて重心は体の一番下に置くようにされてください。

 

 

さらに「子宮」のあたりに「氣」が集まるようなイメージで意識を向けてください。

 

 

④意識して、ゆったりと穏やかで深い呼吸をするようにしてみてください。

 

そしてジックリと呼吸を味わいながら、繊細に観察するようにしてください。

 

まるで「自分が呼吸と一つになったかのように」呼吸と一体となる感覚をみつけてみるようにしてください。

 

 

そして呼吸と共に「穏やかで平和な感覚」が体いっぱいに広がっていくのを、ジックリと味わって体験するようにされてみてください。

 

 

だんだんと呼吸と共に心が落ち着いていくのを感じられることと思います

 

 

【音声誘導】LOVE禅メソッド~中心とつながるワーク(6分42秒)

*音声でワークの誘導を行ってますので、聴きながら合わせてエクササイズできます。

 

 

まさにそれは「自分の中心」とつながっている感覚です。

 

さらには「この世界や宇宙」とのつながりを感じてる感覚です。

 

癒しや解放にはまず「安全で全てを受け入れてくれる場づくり」が必要です。

 

 

ここでいう「場」とは、物理的な空間である場所という意味だけではありません。

 

 

「場」=「エネルギー的なフィールド」であり、「安全で守られているというフィーリング」に包まれるということです。

 

そういった「安心できる雰囲気や空気」に包まれたなかでこそ、深い心に向き合う準備が出来ます。

 

「LOVE禅メソッド」では誰もが「身体とのつながり」を感じながら、安全で深い「癒しと解放」を体験できるようになっています。

 

 

それは「内なる声」や「直感やヒラメキ」といった深いスピリットにつながっていく「具体的なメソッド」です。

 

 

その入り口が「呼吸」であり「身体」です。

 

ぜひ今日のワークを日常的に取り入れて続けられるようにされてください。

 

深い自分の心とのつながりがスムーズに感じられるようになっていくことでしょう。

 

 

ココが何よりの基礎になります。

 

 

さらに次回はLOVE禅を深めて、「癒しと解放」という方法へと進んで行きます。

 

ぜひ「自分の中心とつながる感覚」を感じられるようにエクササイズしていただければと思います。

 

LOVE禅メソッド〜第4回 「呼吸と共に<今ここあるがまま>を感じること」


今日のレクチャーのまとめとポイント

「今ひとつわからない」などということがあったなら、何度でも戻って復習するほうが習得はスムーズになる。

 

◆私達は「ゲシュタルト(全体性)」と言って、より大きな全体像がつかめると、細かい具体的な部分についても理解が深まる【脳とココロの認知の仕組み】を持っている。

 

「部分」と「全体」を照らし合わせていくことで、大きく理解は深まって行く。

 

癒しや解放にはまず「安全で全てを受け入れてくれる場づくり」が必要である。

 

「場」=「エネルギー的なフィールド」であり、「安全で守られているというフィーリング」に包まれることである。

 

「潜在意識」につながり深い癒しやインスピレーションを得る入り口が「呼吸」と「身体」である

 

 

◆LOVE禅メソッド〜第4回「呼吸と共に<今ここあるがまま>を感じること」 レッスン修了

…TO BE CONTINUED