【ディズニーのミュージカルみたいなワークショップが作りたかったんです】

 

伝説のカウンセリングイベント「LOVEシンデレラカウンセリング」をご存知だろうか?

全国から参加できる、スカイプやLINE、スマホやケータイの通話でおこなわれる、主に恋愛やパートナーシップの悩みを相談するカウンセリングのイベントである。

失恋、悲しい別れ、過去の恋の痛みやトラウマ…

 

電話口の向こうで語られるのは、カウンセリングとはいえ、あまりにヘビーだ。

 

そして、そんな相談者の長年抱えてきた、恋愛や愛情面での「深い痛み」を共に寄り添いながら、ときに驚くべき手法を使いながら、癒しと解放へと導いていく。

 

「カウンセリング界の泣かせ屋」…

 

受話器の向こうでは涙をこえて、ときに、嗚咽のように泣き崩れる相談者も少なくない。

彼のワークショップでも同様に、激しい感情の解放の末に、参加者は涙を流しながら、癒しを文字通り体験する。

そんな伝説のカウンセリングイベントを終えるとき、熱烈なクライアントからは、苦情が入った。

 

「個人カウンセリングがなくなってしまうのであれば、それは、困ります!」

 

傷ついた痛みを抱えた女性たちにとって「癒しの旅(ジャーニー)」をつづけるには、新しい場所が必要だった。

そして、新しい伝説の幕開けとなる「LOVEシンデレラカウンセリング6ヶ月コース」の発表があった…

結果、多くの女性たちの恋と人生は、激しくインパクトを受けた…

 

「わたしは、人前で泣く事が嫌いでカウンセリングの感想を事前に拝読させていただいた時に<涙が止まらなかった>というものを見て自分は絶対に泣かない!と意気込んでましたが、結局大泣きしてしまいました」

(M.N様/30代女性)

 

「わたしの心の声をえいじさんが言ってくれている様で涙が溢れてきました」

(M.K様/50代女性)

 

「子供のころの満たされない気持ちが、現在も影響していたようでした。ずっと抱えていたものが楽になった気分です

(H.Y様/40代女性)

 

「途中感情だけが押さえきれず、何度も涙が流れてきて、不思議なような、当たり前のような感覚でした。

限られた時間でしたが、何時間も話したかのような感覚で、電話を切ったあとは不思議と自然なくらい、母と子どもにやさしくなれました」

(H.F様/40代女性)

 

「今悲しいことが起こったわけでもなかったんですが、途中から涙が出てきました」(S.Mさま/40代女性)

 

「大学生の時に、通っていた心療内科からカウンセリングを勧められたのですが、病院の先生からはここまで心の深いところまでアプローチされる事はありませんでした。

鈴木先生とお話すると、心が段々軽くなって行きます」

(N.S様/20代女性)

 

 

 

【恋愛観や人生観がわずか60分のカウンセリングで大きく揺れ動いてしまった秘密…】

 

なぜ、限られたカウンセリングセッションや、ワークショップでの1部のワークを行っただけで、女性たちにそれほどの深い変化が起こったのか?

ある女性は、長年の報われない恋にピリオドを打ち、新しい恋に踏み出した…

そして、その恋に破れたあとに、理想の彼に出逢い、プロポーズされた。

 

また、ある女性は、彼のSkypeでの講座を受けたあと、年下の男性ら5人前後から熱烈なアプローチを受け、結婚を前提に交際を申し込まれた。

 

モチロン、全員がすべて、そのような目に見える結果や成果がハッキリとあらわれるワケではない。

だが、一様に、その恋と人生の方向性を大きく変化させることだけは、間違いない。

なぜ、そのような変化が起きるのか?

 

そこには、彼のカウンセリングでの哲学がある。

 

「カウンセリングを受けて、気分が良くなって、セラピールームをでて日常に戻ったら、やっぱりダメだった…そんなカウンセリングはどうなのかと思う…」

 

そのポリシーの元、彼が扱う手法は多岐多様にわたる。

ベーシックなカウンセリングや最先端の心理手法であるNLPはもとより…

話を聞くだけのカウンセリングでは1年かかるところを、数回のカウンセリングで行うといわれる強力な心理療法である「ゲシュタルト療法」

 

さらには、戦争帰還兵のトラウマケアのプログラムなどにとりいれられている、最新のエネルギー療法である「EFT」…

 

「癒し屋」と名乗るだけあって、彼のセラピーへの探求はストイックだ。

だが、手法なら今や、誰もが色んな技術をその気になれば、学べてしまう。

なにが、彼をもってして「ちがいを生み出した」のか?

 

彼のオフィシャルサイトに紹介されている「プロモーション動画」でのインタビューに、その答えがあった。

 

「全力を尽くす」

「最後まであきらめない」

 

シンプルな彼の流儀に、本当の彼の起こす癒しの魔法の秘密があるのではないだろうか?

今回、発表される3月に開催される「カルマリリース」は、まさに、そんな彼の「癒しと解放の決定版」ともいえるワークショップである。

しかも、ほぼ、丸1日をかけて、彼いわく「悲劇のヒロイン解放」という癒しのワークやセッションを行う。

 

また、新しい伝説と共に、恋と人生に大きなインパクトを受け、幸せに歩きだす女性が増えていくことだろう。

 

そんな、彼にインタビューをしてみた。

 

~~~~

 

~なぜ、今回、このようなワークショップを開催しようと思ったのですか?

 

EIJI「そうですね、より多くの人に、痛みの物語にフリまわされる恋と人生を変えて欲しい…そんな願いを込めてます。

カウンセリングコースでは、具体的なアクションを含めて、すべてのサポートを、それこそマンツーマンでおこなっています。

ですから、本当に人数に限りがあるのがネックなんです」

 

~より多くの人が悲劇のヒロイン物語から解放されるようにということですか?

 

EIJI「そうですね、本当は個別サポートを受けていただくのがイチバンなのですが、なかなか、都合がつかない方もいらっしゃると思うんです。

そういう方に、なにか、1DAYで提供できないかというのって、ずっとあったんです。

僕自身も色んなトレーニングやワークショップに参加してきました。

 

ただ、なかなか、多くの日程をさくようなモノって、スケジュールを合わせるだけでも大変ですよね。

 

なので、もう、本当に、余計な能書きとかはいらないから、1日で、ガッツリと「うまくいかない恋と人生の物語というパターン」を癒して解放できたら?

そんな僕の勝手なワガママというか、ユーザー側の理想をカタチにしたのが、今回のワークショップなんです(笑)」

 

~通常の話を聞くだけのカウンセリングよりも、はやい変化を起こすセッションをやってるなら、1日あれば、かなりのことができそうですよね…

 

EIJI「正直、どこまでできるか、わからないところはあります。なんせ、いつも、セッションでも真剣勝負のLIVEですから。

ですが、逆にそれだからこそ、いつも、とんでもないモノが飛び出して、大きなシフト(変化)が生まれてる気がしますね。

恋愛癒し屋LIVEのワークの一部でも、癒しのワークをやったんですけど、ヤバかったです(笑)」

 

~ヤバかったというのは?反応がイマイチだった?

 

EIJI「いえ、むしろ、それほど深いところをやるつもりはなかったんですが、会場が愛に包まれたような、一種独独の雰囲気になるくらいに大きな癒しがぐわ~って、やってきて…」

 

~セラピーの神様が降りた?(笑)

 

EIJI「まあ、僕がどうってのは、別として、こういうお仕事をやっていると、必ず、そういう瞬間ってあるんです。

自分であって自分ではない。

なにか大きな力が働いて、癒しを起こしているみたいな…」

 

~なんだか、とても、深いお話みたいですね。

 

EIJI「そうですね、理屈だけじゃ語れないところって、本当に多いモノで」

 

~今回、会場に来られる参加者さんへメッセージがあればお願いします

 

EIJI「本当に迷ったり、どうしようかなって思ったら、ぜひ、とりあえず参加してみてください。

僕も、ホント、ずっと悩みながら、後々参加して、もっと早くやっとけば良かったってこと、たくさんあるんです。

 

英語の勉強とかなら、温めてもいいですけど、パートナーシップや人生の苦しみは早く手をつけるにこしたことないですから。

 

僕自身、大失恋や離婚を経験して、本当に自分に向き合って、たくさんの時間を費やしてきました。

ぜひ、それらを短縮して、残りの人生の時間を愛と喜びを感じることに使ってもらいたいなって、思っています」

 

~~~~

 

恋愛セラピストとして、ひとりの恋に悩みパートナーシップに向き合ってきた人間として…

おそらく今回のワークショップでも、また、新しい伝説が生まれそうな予感がある。

新しい伝説の主人公であるヒロインは、参加するあなたであることは間違いないだろう…

 

 

⇒ LOVEシンデレラ1DAYワークショップ「カルマリリース」先行チケット案内はコチラ

 

⇒最新情報と優先案内が届く「LOAリアリストEIJI公式メルマガ」ご登録はこちら

⇒スマホの方はこちらから