第2回 恋愛依存症チェック診断テスト~あなたは恋愛依存症になっていませんか?

 

LOAリアリスト EIJIです。

 

ついつい、恋愛をすると生活のぜんぶが恋愛中心になっちゃう…

 

そして、恋にフリまわされて不安になったり苦しんじゃう…

 

 

実は、そんな「プチ恋愛依存症な女子」が増えています。

 

さらには、そういった「恋愛依存」になっちゃう背景には「小さい頃の家庭環境」や「過去のツライ恋」などの「小さなトラウマ(心の傷)」が影響してる場合も…

 

そういった「プチ恋愛依存症な女子」は、同じような恋の苦しみを繰り返して、最後にはうまくイカナクなります。

 

もし、いつも同じように彼に依存的になって、恋がうまくいかなくなってしまうなら…

 

もしかしたら、あなたも「恋愛依存症~LOVEジャンキー症候群」かも知れません。

 

 

あ、でも、大丈夫です^^

 

 

キチンと、そんな「ココロの原因」を癒していくことで、健康的に恋愛やパートナーシップを楽しむことができるようになります。

 

 

まずは、苦しくて恋がうまくイカナクなっちゃう「恋愛依存症~LOVEジャンキー症候群」になっていないかチェックしてみましょう。

 

この記事を書いた人/LOAリアリストEIJI

恋愛セラピスト/引き寄せの法則カウンセラー

恋愛とパートナーシップ、脳とココロの仕組みに基づいたリアルで現実的な「引き寄せの法則」の専門家

⇒ Amazon kindle 電子書籍「ネガティブでも大丈夫!愛され引き寄せレッスン」を只今、無料0円ダウンロード・プレゼントキャンペーン中!!

 

やっぱり愛さん♪
『 あ、今日も、EIJI先生のカウンセリングですわ♪また、あの「神がかりなセラピー」でたくさん泣いちゃうかもですわ~(*´ω`) 』
*ちなみに「愛さん」は昭和47年生まれの44歳です(2017年3/9現在)

 

LOAリアリスト EIJI


 

EIJI先生
『 愛さん、今日もヨロシクお願いしますね! 』
やっぱり愛さん♪
『ハイ、EIJI先生様のカウンセリングを楽しみにしていました(#^.^#)』
EIJI先生
『 …やっぱり、前回の感じからいっても、恋愛に依存的になっちゃう傾向あるかもですね。 』
やっぱり愛さん♪
『ああ、ワタシって、ダメなんですかね(´・ω・`)』
EIJI先生
『いえ、愛さん、恋愛に依存的になっちゃうのは、根っこに「愛情面での痛み」があって、ココロが傷ついたままだからなんです。だから、ソコをちゃんと癒せば大丈夫です^^

 


 

◆恋愛依存症~LOVEジャンキー症候群~とは?

 

なんとなく「恋愛依存」って言葉を聞いたことがあると思います。

 

そして、なんとなく、良くないモノとして認識されている方が多いのではないでしょうか?

 

 

でも、それは、ある種の「症状」であって、特別なひとだけがなりうるモノではありません。

 

 

たとえば、ディズニーの素晴らしい映画をみて、深い感動を味わって、やみつきになってハマリまくっちゃう…

ソコまでいかなくても、なにかに夢中になってハマってしまうことは、誰しもあると思います。

 

 

そして、それが、スゴク強くなってしまって、自分の意志ではコントロールできなくなってしまうような状態…

 

 

つまりは「ハマリすぎて、ソレがないとダメ」という状態なら、もう、スデに依存的な状態といえるでしょう。

 

ちなみに「依存症」とは…

 

依存症(いそんしょう、いぞんしょう、英: dependence)とは、精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求である渇望が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的、身体的症状を生じる精神的、身体的、行動的な状態のこと

(出典/ウィキペディアより)

 

となっています。

 

 

ちなみに依存症の例としては…

ギャンブル依存症、インターネット依存症、過食症などがあります。

 

変な話、現代人であれば「スマホ依存症」の傾向が強いひとも多いのではないでしょうか?

 

そのなかでも人間関係に依存するひとつに「恋愛依存症」があります。

 

やっぱり愛さん♪
『EIJI先生、アタシ、やっぱり、恋愛依存症かも知れませぬ( ;∀;)』

 

 

◆なぜ、自分でも苦しくなるのに、恋愛に依存的になってしまうのか?

 

依存症の特徴に「恋愛にドンドンのめり込んでハマってしまう原因」になる【行動の強化】があります。

 

つまりは「条件づけ」であり「パブロフの犬」と同じなのですが、例えば…

 

A.「彼から毎日LINEが来て嬉しい」という、決まったカタチで安心感や喜びを感じる。

B.「彼からLINEがぜんぜん来ないと思ったら、突然に来て、飛び上がるほど嬉しかった」という、気まぐれなカタチで安心感や喜びを感じる

 

以上のような場合「A」よりも「B」のほうが、彼からのLINEへの執着が高まり、ハマってしまいます。

 

ですから、より彼からの連絡が来ないと、強く不安になったり、ツラくなってしまうということになります。

 

そうなると、自分でもコントロールできなくなってしまいます。

 

 

場合によっては、連絡をくれない彼を責めてしまったり…

不安をやわらげるために、夜中に彼にしょっちゅう電話してしまったり…

 

 

自分から、せっかくの大好きな彼との恋を壊してしまうようになってしまったりします。

 

 

やっぱり愛さん♪
『アタシ、もう、ハマってしまっておりますわ~っ!!』
EIJI先生
『愛さん、大丈夫ですよ^^まずは原因をみてみましょう』

 

 

◆なぜ、恋愛依存症になってしまったのか?

 

そもそも、なぜ、そのように、自分でもコントロールできなくなってしまうほどに、恋愛に依存的になってしまうのでしょうか?

 

実は、ソコには、元々の幼少期の家庭での親や家族との関わりから生まれた「愛情にまつわる痛み」が関係しています。

 

小さい頃にシッカリとした「愛着」…つまりは愛情を注がれ、イチバン身近な存在である親や、周りの人間との絆を築けたかどうか?

 

 

私たちは、ある一定の期間、無条件の愛情を受けることで「自分は愛されるに値する存在であり、この世界は愛に満ちて、自分という存在を祝福してくれている」ということを、体験をとおして、肌で学ぶ必要があります。

 

 

もし、そういった必要な「愛情」を受けるべき時期に、充分に得られなかったとしたら?

 

ずっとどこかに「愛情への欠乏感」をもって、人生を生きることになります

 

特に恋愛やパートナーシップという、もっとも、自分にとって愛するべき男性との関係に、そういった「小さい頃の愛着のパターン」は、ハッキリと影響してきます。

 

「また、見捨てられてしまうのではないか?」

「自分は受け入れてもらえないんじゃないか?」

「嫌われてしまうのではないか?」

 

 

そういった、ずっと根っこにあった「愛情」への不安や欠乏感から、必要以上に彼へ愛情を示すように求めてしまうようになります。

 

 

そして、やっと得られた「愛情の温もり」と「安心感」にやっと求めていた平穏さを味わいます。

ですが、それは一時的なモノ。

 

根っこにある過去の痛みである「愛情にまつわるトラウマ(心の傷)」が癒えないかぎり、根本的なココロの平穏を得られることはありません。

 

 

「代償行動」といって、過去の小さかった頃や、ツライ恋愛での満たされなかった想いを、今の彼の愛情でみたそうとしますが、大抵はうまくいきません。

 

 

ある程度は満足できても、それは、あくまで「フェイク(ニセモノ)」であって、本物の「あのとき」の感情ではないからです。

 

 

それは、海水を飲むのと似ています。

ノドの渇きをうるおそうと海水を飲むとどうなるでしょうか?

 

 

ほんの一瞬だけ、ノドの渇きを、紛らわせることはデキますが、塩水によって、その後に、飲む前以上に強烈な渇望を感じるようになってしまいます。

 

 

恋愛依存症では、そのように、過去の愛情にまつわるトラウマや痛みが、複雑に絡み合い、より、ツライ状況を強めてしまう仕組みになっています。

 

あなたは恋愛に依存的になってしまう傾向はありませんか?

 

もしかしたら、どこかで、癒されていない「愛情にまつわるココロの痛み」が残っているのかも知れません。

 

 

代償行動
だいしょうこうどう
substitute behavior

代理的に満足を求めようとする行動。

 

欲望や願望といわれているものは、それを満たす特定の行動がとれるとは限らない。

海外旅行をしようと思っても経済的、時間的に余裕がなければ欲望そのものを満たすことができないので、それにかわるもので満足せざるをえない。

とくに攻撃的な欲望は社会的、道徳的に禁止されているので、攻撃欲望そのものをあからさまに満足させることができず、それにかわるもので満足を求めようとする。

 

たとえば、親に対して憎しみをもち攻撃の欲望をもつ子が、子イヌを残酷に扱う場合のようなものである。精神分析の置換えdisplacementや生態学の転位行動と類似の概念である。

ゲシュタルト心理学のレビンは代償行動について一連の実験的研究をしているが、それによれば中断された行動ともっとも類似した行動がもっとも代償行動として高い価値をもっている。

一般に代償行動では欲望は十分に満たされないから、心理的緊張はいつまでも残る。[外林大作・川幡政道]

 

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

 

◆恋愛依存症は治すことができるのか?

 

そういったことで、まずは、元々の恋愛に依存してしまう原因となっている「不安」や「寂しさ」といった「愛着障害」を癒す必要があります。

 

愛着障害とは?

一般的に愛着障害とは、養育者との愛着が何らかの理由で形成されず、子どもの情緒や対人関係に問題が生じる状態のことを言います。

(出典/LITALICO(りたりこ)発達ナビより)

 

愛着(アタッチメント)とは?

愛着とは、主に乳幼児期の子どもと母親をはじめとする養育者との間で築かれる、心理的な結びつきのことです。専門用語でアタッチメントともいいます。

(出典/LITALICO(りたりこ)発達ナビより)

 

「愛着障害~子供時代を引きずる人々」の著作のなかで、筆者である岡田尊司さんは愛着の形成の不可欠な要素として「ある特定の存在との特別な結びつき」をあげています。

 

 

また原因として「絶対的な愛情量の不足」ということをあげています。

 

 

まさに、それは、お母さんとの間にあるべきハズの「失われてしまった愛の絆」ではないでしょうか。

 

 

過去の痛みの記憶に刻まれた、愛を求めても得られなかった「不安」や「寂しさ」という小さな自分が抱えている痛みのトラウマ(心の傷)…

 

 

それらを癒し、本当は欲しかった愛情で自分の心を充分に満たしていったとき、この世界との「新しい愛の絆」を生み出すことができます。

 

そして、そんな胸の内に生まれた「愛情に満たされた感覚」という「小さな愛の絆」に、愛を注いで育てて行くこと…

 

そうすることで、少しづつ、愛情への欠乏感や不安は癒されて解消されていきます。

 

 

具体的には、心理セラピーである「インナーチャイルド療法」や、小さな頃の痛みの記憶やトラウマを解放する「ゲシュタルト療法」「タッピング療法」などを、症状にあわせて施術することで、根本原因を改善することができます。

 

 

さらには、日常の生活のなかでも、今まで生きづらかった愛情にまつわる人との関わり、パートナーとの関わり方を、少しづつ変えていくこと。

 

そういった、行動面でのリハビリをつづけていくことで、より、心の内側で起こった変化を、日常のレベルで落とし込んでいくことができます。

 

そのなかで、恋愛やパートナーシップでも自然な愛情関係を楽しみながら育んでいけるようになります。

 

 

心理療法(しんりりょうほう、英: psychotherapy:サイコセラピー)、精神療法(せいしんりょうほう)、心理セラピーとは、物理的また化学的手段に拠らず[1]、教示、対話、訓練を通して認知、情緒、行動などに変容をもたらすことで、精神障害や心身症の治療、心理的な問題、不適応な行動などの解決に寄与し、人々の精神的健康の回復、保持、増進を図ろうとする理論と技法の体系のことである。

(出典/ウィキペディアより)

 

 

◆恋愛依存症チェック診断テスト

 

まずは、そんな恋愛への依存度をチェック診断してみましょう。

 

イエスかノーで答えながら、イエスの数を数えていってください。

 

最後にイエスの個数で、あなたの「恋愛依存症度の判定結果」を掲載してありますので、参考にされてみてください。

 

 

・恋愛依存症度チェック診断テスト

 

1.好きなひとができたり、付き合うと、彼中心、恋愛中心の生活になってしまう(YES/NO)

 

2.1日連絡がとれないだけで、強い不安を感じてしまう(YES/NO)

 

3.彼の態度がそっけないと感じると「嫌われたのではないか?」と、とても気になってしまう(YES/NO)

 

4.常に彼が「自分をどう思ってるか?」ばかり気になってしまう(YES/NO)

 

5.彼の行動が把握できないと不安になってしまう(YES/NO)

 

6.また5の場合「他に女性ができたのではないか?」と、ちょっとしたことでも、強く疑ってしまう(YES/NO)

 

7.自分に自信がない(YES/NO)

 

8.いつも、周りの評価が気になってしまう(YES/NO)

 

9.彼に嫌われないように、彼から好かれようと、すべてを彼に合わせてしまう(YES/NO)

 

10.自分の期待どおりの反応を彼から得られないと、強い不快を感じる(YES/NO)

 

11.いつも、どこかで「彼が離れていってしまうのではないか?」という不安がどこかにある(YES/NO)

 

12.実際に男性から「重い」「気持ちに応えてあげられない」といった内容のことを言われたことがある(YES/NO)

 

13.彼からの折り返しの返信や連絡がなかったときに、メールや電話を連絡が取れるまで、何度もしつづけた経験が1度以上ある(YES/NO)

 

14.自分にとって彼氏以上に大切なモノはないと思う(YES/NO)

 

15.失恋をするとすべてを失ってしまったようにどん底状態になってしまう(YES/NO)

 

16.彼氏以外に心を許せる友人がいない(YES/NO)

 

17.ひとりで行動するのが苦手である(YES/NO)

 

18.常に彼とのことを考えながら生活している(YES/NO)

 

19.恋愛以外に楽しみがない(YES/NO)

 

20.いつも誰か恋愛対象がいないと落ち着かない(YES/NO)

 

やっぱり愛さん♪
『ドキドキします~~っ!!』
EIJI先生
『じゃあ、判定結果をみてみましょうか^^』

 

 

◆恋愛依存症度/判定結果

 

 

・恋愛依存症度/A判定~今すぐ、専門家に相談したほうが良い「恋愛依存症」レベル(18~20個)

あなたは、まさに「この恋が終わったら生きていけない」というくらいの重度の恋愛依存症の可能性が高いといえるでしょう。

 

 

おそらく、恋愛がうまくいかないと、お仕事からプライベートまで、すべてがダメになってしまうタイプ。

 

 

もしかすると、失恋のショックでお仕事にもいけなくなったり、寝込んでしまうなんてことも…

 

なるべく早めに、ココロの専門家にご相談することをおススメします。

 

 

・恋愛依存症度/B判定~かなり重度な「恋愛依存女子」レベル(15~17個)

あなたは「恋愛こそがすべて」というくらいに、恋にイノチをかけちゃう「恋愛至上主義」な女子。

 

恋がうまくいってばいいけれど、ダメになってくると、大きく落ち込んで、友だちや周りを巻き込んで、フリまわされちゃうタイプ。

 

…なだけに、恋が健康的にうまくいくことが、なかなか難しくて、付き合っては破局を繰り返しちゃうなんてことも^^;

 

 

やはり、一度、キチンと自分の「愛されたい願望」の裏にある「不安」や「寂しさ」と向きあって、ココロの問題を解決することをおススメします。

 

 

じゃないと、いつも悲しい恋を繰り返して、また「あの寂しさ」を埋めようと、何度も満たされない恋を追いかけてしまいます。

 

 

えいじ先生
『実は、現在、恋愛に依存的な傾向がある女子は全体の4割とも言われています。』
やっぱり愛さん♪
『ええっ、そんなに多いんですの~~!!』

 

それは、核家族などで、複雑な家庭環境で育ったことによる「愛情不足」や「十分な愛着が育ってこなかった」ということが、原因の背景にあります。

 

健康的な恋をするためにも、まずはココロのケアをしてみることも!!

 

 

・恋愛依存症度/C判定~ちょっと重たい「こじらせ女子」レベル(10~14個)

 

もう、このくらいのレベルだと、けっこう、いるんじゃないかってくらいに多いのが「こじらせ女子」レベル。

 

恋愛が生活の中心になりやすく、影響を受けて、仕事やプライベートでも元気がなくなってしまう…

 

なんてことも多いのが、このレベル。

 

 

恋愛がうまくいかなくて、お仕事を辞めてしまうとまではイカナイまでも、恋にフリまわされて、恋愛自体がうまくイカナイというパターンが多い。

 

 

恋愛がなかなか続かない、うまく関係を育んでいけないという場合は、過去の恋愛での痛みや、小さい頃の愛情問題が根っこにあるケースがほとんど。

 

 

その場合、結婚後も、夫婦生活や子供たちとの関係にも影響してくるので、シッカリと根本にある「愛情にまつわるココロの問題」に取り組むことが、解決への糸口になります。

 

 

・恋愛依存症度/D判定~ほおっておけない「甘えん坊な恋愛女子」レベル(6~9個)

ついつい、気になって、守ってあげたくなっちゃう「甘えん坊な恋愛女子」ってのが、まさに、あなた。

 

女性の場合、多かれ少なかれ、依存傾向があるのは自然なこと。

 

そういう意味では、コレ以上になるとアブナイけれど、もう少しだけ自立できれば、健康的に恋愛をエンジョイできるようになるハズ!!

 

 

・恋愛依存症度/E判定~健康的な「恋愛エンジョイ女子」レベル(1~5個)

 

あなたは、適度に甘えられつつ、恋にフリまわされないで、自然体で楽しむことができる「恋愛エンジョイ女子」てな感じ。

 

このバランスを保ちつつ、いい恋できれば、きっと、毎日も楽しく、お仕事やプライベートも充実していくハズ。

 

ぜひぜひ、色んなことをバランスよく楽しむようにして、恋をエンジョイしちゃってください!!

 

 

・恋愛依存症度/F判定~コレはこれで問題!?「独りで生きてイケル孤独女子」レベル(0個)

 

「まったくもって、恋なんてしなくても生きてイケル」

 

 

ある意味、チョット、逆の意味で問題なのが、この「独りで生きてイケル孤独女子」レベルなのです。

 

 

もしかしたら、逆に「ひとりの人と深い人間関係を育むのが苦手」という「回避依存」の傾向があるかも知れません。

 

 

その場合も、過去の恋にひどく傷ついて、ココロを閉ざしてしまっていたりすることがあります。

 

 

また、小さい頃に同じように愛情にまつわる心の傷によって、人を信じられなくなったり、深い関わりになることへの怖れを抱いてしまっているケースもあります。

 

 

この場合も、過去のココロの痛みや、幼少期の問題に取り組む必要があるでしょう。

 

 

やっぱり愛さん♪
『彼からの連絡がなくて、やりきれない不安にフリまわされちゃうのには、そんな深い原因があったんですね!!』
EIJI先生
『だからこそ、キチンと向きあって、もっと、楽しく幸せに愛しあえるようにならなくちゃですよね^^』

 

 

⇒ そんな、恋が苦しくなってしまうココロの原因について、コチラのメール講座でお伝えしていますので、良かったら無料ですので、読んでみてもらえたらと思います^^

 
 
 
 


Profele~LOAリアリスト EIJI


kirinuki恋愛カウンセラーであり、引き寄せの法則の第一人者。

深層心理を読み解く深い恋愛心理は「日本のジョン・グレイ」とも言われる。

深い心の痛みを癒す心理セラピーは、短時間で変化を起こし、恋愛や生き方に影響を与えると業界でも話題になっている。

その手法は、脳科学、心理学にとどまらず、運命鑑定の領域まで及ぶ。

それらすべての洗練されたトップレベルの知識体系からなるセラピーは、キャンセル待ちがでるほどの人気である。
 
 
 
【LOAリアリスト EIJI】公式LINE@はコチラ

友だち追加
 
 
 

◆只今、Amazonからの新刊本を無料でプレゼントしています

只今、Amazonより発売の新刊本「ネガティブでも大丈夫!愛され引き寄れレッスン」を、キャンペーン中につき、全員無料プレゼントで「0円」にて配布しています。
 
 
Amazonより新刊本「全員無料プレゼント」しています
 
 
kindle_kounyu
 
 
購入(無料ダウンロード)された方全員に、さらにお得な「カウンセリングさながらのスペシャルワーク音源」をプレゼントしています。
 
 
⇒ プレゼントキャンペーンについてはコチラ

良かったら、ぜひ、シェアお願いいたします^^

【重要!】なたの恋愛にまつわる 大切なお知らせ があります

以下のメッセージを読み忘れないよう、チェックされてください

 

僕が1800件以上の恋愛とパートナーシップにまつわるお悩みのご相談のなかでみつけた【恋愛とパートナーシップの真実】について、メールマガジンにてお届けしています。

 

ご登録いただくと特別音声セミナー「衝撃の告白~恋愛とパートナーシップにまつわる<3つの真実>」(17分11秒)のプレゼントを受けとれます。

 

 

LOAリアリスト EIJI公式メールマガジン登録
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *

⇒ 無料メールマガジンに登録して特別音声セミナーのプレゼントを受けとる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA